FC2ブログ

プチ・ケチの研究


●効果ある?・・レジ袋の有料化

 環境問題という視点から、政府はレジ袋の有料化を義務づけることを考えているらしい。消費者の反応は賛否なかば、または有料化賛成がやや多いという感じです。また、スーパーでレジ袋を有料にしたら、マイバッグの持参者が7割くらいに増えて削減の効果があるという。本当に有料化イコール石油資源の節約、環境問題への貢献があるのでせうか・


単純に考えれば,効果アリですが、レジ袋が無くなれば、消費者はこれに代わる「ゴミ袋」を用意する必要があります。調査では、レジ袋をゴミ扱いして捨ててしまう人はほとんでいなくて、95%くらいは生ゴミなどのゴミ袋として再利用している。ならば、レジ袋に代わるゴミ袋を購入する必要がある。無料レジ袋-有料ゴミ袋の差が本当の節減量になります。


なかなか計算しにくいかもしれませんが、この本当の節減は環境問題に貢献云々といえるほどの量になるのか、疑問です。大巾に節減出来るのなら関連業界に売上げ低下で倒産続々の状況が生まれるはずですが、そんな気がしない。そもそも、打撃を受けるメーカーからレジ袋有料化反対の声が上がっていないし。業者にすれば、売り先が流通業者から消費者へ変わるだけで、売上げの大巾減少への危機感なんかもっていないのではないか。


レジ袋有料化による逆効果も懸念されている。その一番は万引きの増加。マイバッグ持参が普通になれば確実に増える。この被害額はレジ袋削減効果より大きくなるかもしれない。これを防ぐために警備員や監視カメラを増やさねばならないが、これは全部店の負担、政府は知らん顔です。店の従業員の負担も増える。特にコンビニのレジ係は憂鬱でせう。お客にいちいち「レジ袋つけますか」と確認しなければならない。要る、と言われたら金額を追加する。客もレジ係も鬱陶しい。セブンイレブンの社長さんは有料化に取り組むと述べているが、ぜんぜん現場のこと分かってませんね。


コンビニ店が客にマイバッグ持参を奨励するのは万引きを勧めるのと同じだから、レジ袋有料化なんてなんのメリットもない。・・というわけで、スーパー、コンビニのレジ袋を100%再利用している「プチ・ケチ研究」家、駄目男は有料化に反対であります。

レジ袋








スポンサーサイト