FC2ブログ

大阪日暮綴



●全治三ヶ月の重傷・・・長居植物園

 21号台風の被害が大きくて臨時休業していた植物園が9月15日から営業再開しました。何ヶ月ぶりかで訪ねてみると、園内通路はきれいに掃除も行き届いていますが、敷地の3分の1くらいは「立ち入り禁止」になっています。倒木の片付けがすすんでいないのが理由です。全部で700本くらいが倒れたそうですが、現場で2mくらいに切り、重機で搬出するけど、搬出は遊歩道を使うので休園日しか作業できない。


そんなわけで、3ヶ月くらい・・12月はじめ頃までかかるそうです。風で倒れた樹木のうち、駄目男が一番ショックを受けたのは、大池のほとりにあるセンダンの木が根元近いところで切り捨てられていたことです。(写真参照)池端の風景をつくってきた「絵になる大樹」だったのに、無残な姿になっていました。その東となりのクヌギの大木も枝をほとんで切り落とされて坊主状態です。う~ん、残念ですが、仕方ない。


倒れ方は二つあって、根こそぎ倒れたもの、地上1,5mくらいのところで折れたもの、のいずれかですが、折れたものの方が多いかもしれない。倒れなかったけど、枝をほとんど吹き飛ばされてしまったメタセコイアやラクウショウを見ると、最大風速は50mくらいあったのではと想像します。普通に想像する「強風」では、枝が幹から吹きちぎられるなんてない。折れたのではなく、千切られた、と見えます。そして、枝が無くなってしまうことで、倒れることを免れたのではと考えました。園内では一番多いクスノキがもっとも被害が少ないように見えました。葉もしっかり残しています。なんか「打たれ強い」木なのでせうか。


紅葉が楽しめるナンキンハゼやモミジバフウは7割がた葉っぱを吹き飛ばされてしまい、今年の紅葉見物はアウトです。これも仕方ありません。
・・というわけで、長居植物園は大きなダメージを受けましたが、入園、見物にはなにほどの障害もないので、敬遠する必要はありません。屋内、屋外のカフェも営業しています。(月曜は休園です)

秋は黄葉もきれいだったセンダンですが・・・3年くらい前に撮影
センダン 


あちゃ~・・消えてしまいました。
センダン 


近寄るとこんな感じで、三主幹のうち、二本が根元からカットされた
センダン 


メタセコイアの無残な姿。枝が吹き飛ばされた。
メタセコイア 


山積みされた倒木。園内全部で4トントラックで20台分くらい?と想像。
廃材集積 


死んでたまるか・・はや、再生をはじめた木も。もしやアキニレ?
秋ニレ? 





スポンサーサイト