FC2ブログ

読書と音楽の愉しみ



●お楽しみ「フェニーチェ堺」

 ホールの話をもう一つ。南大阪ではじめてのホール「フェニーチェ堺」がオープン一年前になり、カウントダウンイベントが実施されます(16日)。旧堺市民会館を解体撤去して、150億円を投じての立派な施設ができます。これで堺のカルチャーシーンは俄然レベルアップするはず・・です。市民の熱い要望に応えて、という話を聞かないだけに、正直、心配な面もありますけど。しかし、立派なハコができて、これに惹かれて千客万来ということもあるから、まずは楽しみにしておきませう。


ホールのイラストを見ると、西宮の「兵庫県立芸術文化センター」大ホールと似た設計で、座席数は同じです。心配なのは音響。芸センのような音楽専用ホールではないから残響2秒なんて無理でせう。設計趣旨には、クラシック音楽、ポップス、演劇、市民集会など多目的に使えるとあり、多目的は無目的という、旧来の市民会館と同じコンセプトです。交響楽団の演奏会があれば、天童よしみのコンサートもある。ま、しゃーないですね。最近の技術的進歩で、なんとかマシな音が聞けるよう期待します。


ホールの完成による一番ハピーな成果は、堺市を本拠とする「大阪交響楽団」のホームグラウンドができることです。(以前は大阪シンフォニカー交響楽団などといった楽団)いままで堺に音楽ホールがなかったから、大阪市内で演奏会を続けてきたのですが、これで堺市に腰を落ち着けて演奏会を開くことができます。定期演奏会もこちらに移すかもしれません.。来年はフェニーチェ堺と古墳遺産で盛り上がりませう。

■大阪交響楽団
http://sym.jp/publics/index/199/#page199_500

■フェニーチェ堺 資料
http://www.city.sakai.lg.jp/kanko/bunka/geibunhall/index.html


sakai


sakai 






スポンサーサイト