たまには外メシ



●裏なんば立ち飲み店「櫛羅」

  かの「獺祭」が東京銀座にアンテナショップを出したから「ほな、うちも出すで」・・なんてのは冗談ですが、とにかく千代酒造が裏なんばのメインストリート?に直営の店を出した。これが「櫛羅(くじら)」であります。銀座よりはやや劣るロケーションながら、口コミなどで順調に集客し、満員御礼のときもある盛況ぶりです。


しかし、悲しいかな、知名度は「獺祭」の一万分の一くらいしかないので、けったいな名前の立ち飲み屋くらいの感じでやってきて、トンチンカンなやりとりがいまだに続く。先日も友人を誘ってたずねたが「ここは蔵元直営の店やさかい云々」と説明しておいたのに、注文で「あの、呉春ある?」やて。ま、しゃーないか。


櫛羅とは蔵元のある地名で、葛城山の東麓に位置し、ここから東へ2~3キロには「風の森」ブランドの油長がある。よって、味は似ています。どちらも小企業なので大阪市内では一部の店でしか買えないが、質的には「獺祭」の中級品と比べたら優劣はつけにくい・・ような気がします。


立ち飲み屋といえば、安かろうまずかろうの酒がスタンダードだったのに、ここでは大吟醸や純米酒がスタンダード。あの西成の「ココルーム」でさえ大吟醸がメインになっている。〇ビ暮らしを嘆きながら、みなさん、けっこう贅沢もしているのであります。

千代酒造
http://www.chiyoshuzo.co.jp/


銀座よりは少し劣るロケーション
kujira 





スポンサーサイト