犬町・猫町 情報


●今年も猛烈! たなかさんの「青春18きっぷ」旅

 毎年、夏場に、ロング&ハードな18きっぷ旅をしているたなかさん、今年は中国地方と九州、長崎の街を訪ねたとの便りを頂きました。おもな目当ては長崎ですが、合計で5泊6日の日程、乗車距離は何キロになるでせうか。ヒマにして旅好きな人は下の略図で計算してみて下さい。


近年はJR各線のダイヤの間引きが進んで、一日数本の列車しかない路線もあります。なので、たなかさんのような長距離移動をするには、一日12時間乗車は当たり前になります。(乗り換えの待ち時間含む)朝8時乗車なら、晩の8時まで、列車か駅の中に拘束されます。駄目男なんか、日当1万円出すと言われても「あの、辞退させてもらひます~フガフガ」と尻込みしてしまいそう。


とはいえ、知らない町を、一人でのんびり、気ままに訪ねる旅の魅力は捨てがたい。なので、一日6時間拘束、ビール付きなら・・駄目男はニコニコ出動します。ところで、各停列車に6時間乗ればモトがとれるのか。たとえば、大阪から広島まで乗車すれば、約6時間。通常運賃は5620円なので、18きっぷの2370円は半額以下になり、お得感は十分あります。夕方、知らない町の酒場で一献、という時間的余裕もあります。これが魅力。あの吉田類の酒場めぐりの雰囲気ですね。


たなかさんのようなヘビーなユーザーから、ちんたら旅派まで、いろんな使い方で多くのファンをつくってきた18きっぷ。今日も全国で、名ばかり青春の老若男女が東奔西乗しているのであります。


スタート7月28日、ゴール8月2日。最終日、三次から山陰線経由で大阪まで各停列車だけでたどりつくのはすごくハードでは、と察します。三次線の北半分は来年春に廃線決定だそうです。

たなか18きっぷ  






スポンサーサイト