大坂日暮綴



●はじめてサッカー試合を見物

 セレッソ大阪には何の義理もないけれど、ホームスタジアムが歩いていける近場にあるのに一度も観戦に出かけたことがありませんでした。それに、あろうことか、セレッソは現在リーグトップにいる。さらに、今度の試合は地元サービスみたいな割引きチケットを販売する・・というので、ようやく出かける気になりました。チケット代1500円ナリ。


キックオフは19時なので、TVで大相撲を見、晩飯を食べてから出かけても間に合います。今回の試合は本来の「キンチョウスタジアム」ではなく、となりの大きい「ヤンマースタジアム」で開催です。相手が浦和レッズで大入りが期待できるため、レンタルしたものです。(キンチョウスタジアムは観客数を増やすため、改装工事をします)。


1500円の席はスタンドの最果て(野球場でいえばバックスクリーンの横)であります。しかし、隣は浦和のコアな応援団席で2000人くらいの応援団が指揮者のもと、試合前から大声援を発しています。それに比べて割引き1500円券のセレッソ応援団席は「ちょっと、来てみましてん」の自分と同じような冷やかし?見物人中心で、セレッソの応援コールを歌える人なんか一人もいないのでした。そうか、チケットの金額によって応援のボルテージが違うのだ、と気づいたのであります。


試合がはじまると応援の声、わめきのボリュウムがものすごい。審判のホイッスルの音が全然聞こえない。大音量に加え、この試合、セレッソのチームカラーがピンク、浦和がレッドだから、スタジアム全部が赤く染まったみたいで、視覚的にも暑苦しいことこの上ない。この阿鼻叫喚の騒音地獄が90分続くのか、と思うと気が重くなりそうですが、幸い、セレッソが4対2で勝って、まずはメデタシでした。全体に大味な試合運びになったのは暑さのせいですか。(7月22日)


J1リーグ 成績表
https://soccer.yahoo.co.jp/jleague/standings/j1



向かって右側がセレッソ応援席。観客は3万2千人だった。
サッカー




せめて散水で涼感を出そうと・・
サッカー 



偶然、ゴール場面が撮影できた
サッカー 



向こう側が浦和の応援席、サポーター同志がケンカしないように、境界に幕を張り、空席をつくって衝突を防ぐ。
サッカー 







スポンサーサイト