アジア ウオッチング



●文在寅(ムンジェイン)新大統領の末路は?・・

 韓国の歴史をリアルに書くと、あまりに惨めでカッコ悪いので歴史教科書に載せられない。なので、日本を叩くとか、外国のせいにしてなんとかごまかしてるわけですが、遠い昔のことならともかく、現代史となるとさすがにインチキは書けない。たとえば、戦後の民主主義国家になって以来の歴代大統領は下記の通り。国家のリーダーたる大統領のあまりに情けない末路に、失礼ながら笑ってしまいます。この恥ずかしい事実を韓国の中高生向け教科書ではどのように伝えているのでせうか。


独裁者が国民を蹴散らしてトップの座を奪ったわけではない。みなさん、普通に選挙で選ばれ、信託されて大統領になった。なのにこのザマは・・・。答えはひとつ、民度の低さというしかない。選ぶ方も選ばれる方も愚民しかいないのだから愚民の一人を大統領に選ぶしかない。
 いや、一度だけ「立派な大統領」が生まれそうな機会がありました。前にも書いたけど、金大中です。南北融和を唱え、金正日との会談を実現した。この歴史的快挙で韓国人では唯一ノーベル平和賞を受賞した。世界が認めるヒーローになりました。しかし・・これがインチキでした。彼の強烈な名誉欲から5億ドルという大金をこっそり金正日に渡して歴史的会談を演出した。これがバレて名誉も信望もパー。このためノーベル平和賞なんてええかげんなもん、の不信感が拡大してしまった。利権漁りで親族5人が逮捕、なんて小ネタです。


韓国歴代大統領の末路

 李承晩・・・ 失脚し米国亡命
 尹ボ善・・・ クーデターで退任
 朴正煕・・・ 暗殺
 崔圭夏・・・ 8ヶ月で退任
 全斗煥・・・ 逮捕
 盧泰愚・・・ 逮捕
 金泳三・・・ 息子が逮捕
 金大中・・・ 親族5人逮捕
 盧武鉉・・・ 投身自殺
 李明博・・・ 横領などで告訴
 朴槿恵・・・ 逮捕


文在寅(ムンジェイン)新大統領は悪しき大統領の伝統を破れるだろうか。駄目男の予想では残念ながらアウト、やはりミジメな末路を迎えると思います。主たる支持者である若者の期待を裏切り、選挙公約のあちこちに綻びがでて矛盾を突かれ、あの熱狂的支持はなんだったのか、という場面が早々にでてくる。先輩の盧武鉉ほどネクラではなさそうだから、崖から飛び降りて自殺なんてことはないにしても、「石もて追われる」末路を迎えること必定でありませう。


報道では文在寅新大統領が圧勝したように書いているが、得票率では過半数に届かなかった。これで圧勝といえるのか。
結果は、文氏は1342万3800票(得票率41.08%)
洪準杓氏(62)は785万2849票(同24.03%)
安哲秀氏(55)は699万8342票(同21.41%)


国会においても「共に民主党」の議席は過半数に届かない。つまり、野党を無視してコトを運ぶわけにはいかない。大きなネックであります。


期待は大きいけれど・・・
新大統領




スポンサーサイト