読書と音楽の愉しみ


●中野信子著「サイコパス」を読む

 世に住まう人の100人に一人がサイコパスである、と著者は言う。ならば、日本には約120万人のサイコパスがいることになる。もしや、自分も?・・と不安になる人もいるはずだ。自分がそうではなくても、確率からいえば、私たちは生涯で何人かのサイコパスに出会う、付き合う可能性は高い。彼ら、彼女らに振り回されないためにもサイコパスに関する知識を仕入れておいた方が良いと思う。


最近、世間を騒がせている「時の人」にもサイコパスを疑われる人物はたくさんいる。千葉でベトナム人の女児を殺したと疑われている容疑者がサイコパスの見本。相模原の障害者施設で19人を殺害した男や金持ちの老人を次々と誘惑し、青酸カリで殺した「後妻業」おばさん、趣味で人を殺した、元名大女学生・・。このブログで裁判記録を紹介した、池田小学校事件の犯人、宅間守。彼らに共通しているのは、良心の呵責なしに人を殺せることです。


こんな極悪人が100人に一人の割合でいたら恐ろしくて生きておれない。実はもっとゆるい、ソフトなサイコパスもいる。快活で話し上手、物事に積極的に取り組むといった誰にも好まれるタイプに見える人が実は・・という例がたくさんある。よって、サイコパスイコール犯罪者、犯罪予備者という見方は間違っている。有名人、実力者と評価されている人にもサイコパスはいるから人の判断は難しい。


サイコパスの訳語は精神病質者であるけど、これじゃ漠然として分からない。具体的にはどんな人物なのか。本書によれば「良心を持たない人」である。無茶きつい言い方だけど、著者個人の認識ではなく、一般的な概念になっている。

サイコパスの特徴(犯罪心理学者のロバート・D・ヘアの定義)
◆良心が異常に欠如している
◆他者に冷淡で共感しない
◆慢性的に平然と嘘をつく
◆行動に対する責任が全く取れない
◆罪悪感が皆無
◆自尊心が過大で自己中心的
◆口が達者で表面は魅力的


自分がこの定義に合致するか、又は、身辺にこのような人物がいるか。考えてみる価値はあります。このような人格の持ち主であっても、世間では有能な人物と評価され、あるいは普通に人気者だったりする。


本書の巻末には「サイコパスの多い職業 トップ10」が載っている。
1位・・企業の経営責任者
2位・・弁護士
3位・・報道関係者
4位・・セールスマン
5位・・外科医
6位・・ジャーナリスト
7位・・警察官
8位・・聖職者
9位・・シェフ
10位・公務員


聖職者がランクインというのはビックリですが、著者は具体例としてマザー・テレサを挙げている。弱者の味方という立場を生涯貫いた立派な修道女に裏の顔があると。1位・経営責任者にしてサイコパスといえばまずブラック企業の経営者を想定するが、その通りであります。社員が過労自殺しても平然としておれるのはサイコパスならではの態度である。外食産業の雄だった「W」の社長など、ピッタリ当てはまる。遺族の悲しみに寄り添い、反省するなどありえない。(マスコミ向けの謝罪は芝居である)


上記の職業を見てイメージできることは、仕事や私生活で大きな失敗をしたとき、素直に謝罪したがらない人たちであること。自分のミスを認めず、他人のせいにしてピンチを逃れようとする。これは当事者個々の性格によるものではなく、基本的に「道徳や倫理を学習できない」サイコパス特有の気質によるものだ。逆に、サイコパスの少ない職業は、看護士、内科医、教師、技術者(職人)、アーティストなどがある。


サイコパスには、有能で好感の持てる人もたくさんいる、ということを認識した上で、なお難儀なことがある。
 その1・・サイコパスは遺伝する。
 その2・・サイコパスは治療できない。
 その3・・サイコパスはADHDと相関性がある。
本書では脳科学の面からも多様な研究が進んでることを記してあるが、この3点を解決するのは難しいようだ。生まれつき「良心を持たない」人がいるなんて信じたくないけど、一定の比率で「反社会的人間」が存在することは知っておかなければならない。


日本人の代表的サイコパスは誰か。織田信長であります。学者も一般人も異論はないでせう。彼のサイコパスぶりに翻弄されたのが明智光秀ではないかと思います。(2016年 文藝春秋発行)

本/サイコパス





スポンサーサイト