ウオーキング・観光


●三川合流点にまもなく展望塔が完成

 宇治川、桂川、木津川の三川が合流するところに「背割堤」という桜の名所がありますが、これを高見から見物できるタワーがまもなく完成します。今まで駐車場しかなかったところだから、オープンしたら人気スポットになること、間違いなしです。(展望塔は有料です)


名前は「さくらであい館」。高さは約25m、西側(下流側)に長く連なる桜並木を見下ろすことになり、ヨソではみられないパノラマシーンが見物できます。オープンは3月25日。この日はまだ花見には早い気がするけど、階下ではジャズライブなど、イベントもあります。但し、レストランなどはなさそうなので、弁当は持参が必要(臨時の売店はあるはず)


背割堤は桜の名所としては歴史が浅く、見物されるようになったのは30年くらい前からでせう。その前は松並木でした。地元、八幡市が永らく観光客の増加を嫌い、名所にしたくなかったせいもあります。(清掃費ばかりかさんで、収入はゼロという、ありがた迷惑な名所だったから)それはともかく、今回のタワー建設で集客力は高まり、知名度も全国区になるのでは、と期待できます。拙著「京快道」のコースでもあります。


完成予想図
sakura



JR西日本の広報誌「おとなび」の表紙に登場した背割堤のさくら
sakura




スポンサーサイト