ウオーキング・観光



●「ようこそ横尾温泉郷」展 鑑賞

 美術館が温泉館に変身?・・神戸市の王子公園隣にある横尾忠則現代美術館で開催中のユニークな展覧会です。横尾氏は数年前、ある雑誌の企画で全国の温泉を訪ね、取材と制作を続けた。その成果をまとめて展覧しています。温泉館に変身、といってもタオルを持参しなくても鑑賞できます。温泉風景だけでなく、昔、えらくこだわって連作した「Y字路」風景もたくさん出品してあります。


アカデミックな画業にこだわらない画家なので、ピピとインスピレーションが浮かんだら、その世界に猪突猛進する。どんな仕上がりになるのか、ご本人も分からず、筆を置いた時点の表現が意図に叶っておれば「作品」となるみたい。あちこちにイチビリ精神もふりかけられているのが楽しいけれど、温泉風景なのに、三島由紀夫や夏目漱石がさりげなく描かれていたりするので、生真面目な美術ファンが見たら、なんでやねん、と不満をもつかもしれない。ま、そんなカタブツは来ないと思いますが。 ちなみに、「週刊新潮」の表紙絵を描いてる 成瀬政博氏は実弟だそう。
知りませんでした。


館の玄関前でみ知らぬおばさんに「チケットお持ちですか」と声をかけられ、いいえ、と答えると「招待券一枚余ってるのでお使い下さい」とプレゼントされました。・・で、温泉郷入館はタダに。こいつは春から・・。(2月21日)

案内はこちら・・
http://www.ytmoca.jp/exhibitions/2016/12/post-6.html


では、横尾温泉郷へご案内・・・

一階ロビーに卓球台が。温泉宿をあらわしてるらしい。
横尾 おわり 

「女湯」しかありません

横尾



横尾 



横尾 



横尾 


横尾流の銭湯表現
横尾 


パンフを置いてあるだけですが
横尾 





スポンサーサイト