閑人帳



●お金持ちがこんなにたくさんいたとは・・

 大阪府では、昨年に起きたオレオレ詐欺など特殊詐欺事件が1400件、被害額が45億円にも達する。この件数、金額の大きさに驚きます。一日平均4件の事件が起き、ン百万円の現金が奪われている。・・と、これは素直な見方です。でも、見方を変えると、犯人に貢ぐ金がたんまりあるということです。狙った被害者が貧乏人ばかりでは犯罪が成り立たない。愚かだけど、お金は十分あるという人たちがたくさんいる。だから事件が発生する。


では、そんなお金持ちはどれくらいいるのか。野村総研のデータを見てびっくりしました。日本中で、金融資産が1億円以上5億円未満の人が114万世帯いる。土地、建物等不動産は含まない金融資産だけですよ。日本の総世帯数は約5300万だから、約2%が1億以上の金融資産をもっていることになります。100戸のマンションがあれば、2戸はこのクラス。電車に100人乗っていたら、二人は1億円ホルダーなんですね。ぐやじい。この人たちが不動産所有ゼロというのは考えにくいから、総資産はもっと増えます。んぐぐ。


野村のデータ(下の表)はお金持ちを対象にした調査なので、貧乏人はムシされてます。駄目男の属するのは一番下の「マス層」ですが、これでも上限は3000万円です。野村サンはこんな層にあまり関心がない。ムシ。しかし、この層が全体の8割を占めます。資産3000万から3万まで、地味に生きてる庶民が10人中8人。
 野村総研はムシするけど、詐欺犯人グループは正確なデータをもとにアタックするわけではないから、中には、退職金など、老後の貴重な生活資金(金融資産)をガッポリ奪われてしまうこともあります。このショック、1000万奪われて、まだ1億円以上残ってる2%族とは天地ほどちがうのです。


今や喜寿を迎えたのだ。一回くらい詐欺犯から電話がかかってきてもええじゃないか。野村総研にも詐欺犯にもムシされっぱなしの人生で委員会?。さりとて、逆転の発想で、今さら詐欺犯になるための学習をするのもナンだし。かくして、けふもしみじみB級ライフが暮れてゆくのでありました。

参照情報
http://www.nri.com/jp/news/2016/161128_1.aspx


野村データ 




スポンサーサイト