なにわ快道 再歩行



●なにわ快道 再歩行

山都コース  ~その6(完)~ 

天保山から舞洲・新夕陽ヶ丘へ

 天保山のすぐそばに渡船乗り場があり、対岸の此花区桜島へ渡ります。USJの敷地に沿った道を北上して此花大橋のたもとに着きますが、このあたりの街路があまりに殺風景なので、ガイドでは「人外魔境」なんて大げさな言い方で案内しています。なにわ快道100キロのなかで、特異なロケーションです。舞洲は物流基地として発展しており、人影はかいもく見当たらないのに、大型トラックがぶんぶん行き交っています。快道は舞洲緑地を経て西端の「新夕陽ヶ丘」を目指します。水都コースの終着点と同じですが、アプローチは別々なので、同じ道を歩くことはありません。


天保山渡船のりばから見たUSJのホテル群
山都6



桜島側の乗り場
山都6


USJ外周の歩道 快適な道なのに歩いてる人を見たことがない。
山都6 



よくもこんなややこしい構造物をつくったもんだと感心する。「人外魔境」というあだ名をつけた殺風景。
山都6 




此花大橋はこんならせん型の歩道で一気に登ります。
山都6 



ハデな外観でUSJと間違われたこともある舞洲の清掃工場
山都6 




オリックス二軍用の練習場は2017年春に完成予定、写真は選手寮
山都6 




舞洲緑地は快適だが民間企業の割り込みで使いにくくなってきた。
山都6 



今も人気の高いログハウス
山都6 



ゴールの「新夕陽ヶ丘」へ到着です。
山都6 





スポンサーサイト