プチ・ケチの研究


●蛇口に象の鼻

 蛇口につけていたシャワー用のアタッチメントが壊れたので取り外してみたら、シャワー用小穴まわりに黒カビが発生していてゾッとした。何ヶ月もカビに触れた水を飲んでいたのです。(下の写真)同類のパーツを使ってる方は点検しませう。(ハイターなどの液に漬ければOK)しかし、使い勝手は良かったので同じものを探したけど見つからず、また、取り付け方に制約があるので、適合品は限られます。


ノズルにカビが発生しているのに気づかなかった
蛇口



結局、これしかないと購入したのが象の鼻みたいな写真の商品。これがとてもええかげんなシロモノで、まず、ご覧のように長すぎる。やわらかい樹脂製なのでカットしようと思ったが、そうすると口径が合わなくなって取り付けができなくなる。切らずにそのまま取り付けても、水圧で抜けてしまう。なので、ビニールテープで固定しなければならない。
 要するに欠陥商品でありますが、これしかないので欠陥を我慢するのが貧乏性というものであります。ン千円もする浄水機能のついた製品を買おうなんて発想に至らない。


半月も使ってると、使いやすい点も気づいた。ぶらぶら長い象の鼻は、シンクを洗い流すときはとても楽チン、快適です。フライパンなど、大きなものを洗うときも鼻を振り回してシャワーできるのでカンタン。(従来はフライパンを動かして洗っていた)・・という、メリットに免じて、当分、使い続けることにしました。貧乏性は欠陥商品に寛容であります。(ロイヤルホームセンターで購入 値段400円くらい メーカー不詳)


蛇口 




スポンサーサイト