犬町・猫町情報



Fさんの名水探訪紀行・・砥部陶器祭りと西条の湧き水   
 

●砥部焼

  砥部焼(とべやき)は、愛媛県砥部町を中心に作られる陶磁器です。上尾峠(うえびとうげ)産の粗面岩質安山岩(そめんがんしつあんざんがん)の陶石化したものを原料とし、やや厚手の白磁に、呉須と呼ばれる薄い藍色の手書きの図案が特徴。 他窯の磁器と比較して頑丈で重量感がありひびや欠けが入りにくく、控えめな図案が料理を主役として引き立てるところがお気に入りです。砥部焼の多くは手作り成形のため、全国的に見ても決して大産地や有名産地ではないが、独特の風合いが愛好家に評価されており、讃岐うどんの器としてもよく用いられています。
 
砥部焼まつりは10月29日・30日の2日間今年で11回開催となります。そして今回は4回目の訪問です。祭りは砥部焼伝統産業会館のオープニングセレモニーで始まり、愛媛県知事をはじめ南海放送、四国独立リーグ選手、ご当地ゆるキャラなどが参加、最後に餅撒きで盛り上げます。
 
伝統産業会館を中心にして約60窯元がそれぞれ4畳位のコーナーでB級品を主体に展示販売します。お気に入りは「梅山窯」、お店での使用を考慮して購入しました。
 
http://www.tobe-kanko.jp/news/2014/09/000123.html
 
 
●西条の打ちぬき水
 
四国の最高峰石鎚山系からは、大明神川 中山側 加茂川 渦井川の4つの川が有り急勾配で瀬戸内海に至ります。この間土石が堆積し大きな扇状地を形成、西条平野はこの扇状地に出来ました。扇状地には伏流水があり、西条平野は海岸近くに断層が有り伏流水が遮断される為被圧し、穴を開けると自噴します。これが「打ちぬき水」です。
 
今回は以前に訪ねた文化会館横の「うちぬき水」、「弘法水」と「JR西条駅前の噴水」の確認。噴水は停止中とあり自噴水減少の影響か。 そして新たに「嘉母神社」と「芝井の泉」を訪ねました。 
 
中山川と加茂川の両河川の間の河口近くに位置する嘉母(かも)神社は天明2年(1782年)に創建された産土神を祀る神社です。ここの手洗水は「うちぬき」で、平成8年(1996年)の「全国利き水大会」で日本一に輝いたとの事。持ち帰りコーヒーを点てて納得。
 
「芝井の泉」は住宅街の中の細い脇道にある湧水です。湧水のところには、大師堂が建立されており、弘法大師を祀っている。地域の人々は、「水大師(みずだいし)さん」「お加持水」「長寿水」などと親しみを込めて呼んでいる。古くから水洗い場として又井戸端会議の場所となっていたそうです。
 
http://saijo-imadoki.heteml.jp/archives/159
 
西条平野にはこの湧き水を用いた造り酒屋が点在しています。そのひとつ「成龍酒造」を訪問。又「弘法水」近くのまるとも水産の海鮮丼は13種の具で大満足でした。(F/10/29-30)


 砥部焼\嘉母神社
hujii 


砥部焼\弘法水
 hujii


砥部焼祭り会場
hujii 


購入した砥部焼
hujii 


砥部焼\芝井の泉
hujii 


成龍酒造
hujii 


成龍酒造仕込水
hujii 


打ちぬき水のきき水
hujii 


まるとも水産 海鮮丼
hujii




スポンサーサイト