プチ・ケチの研究



●今夜も手抜き料理

 図書館で「缶たし」という本を借りると、缶詰を使ったカンタン応用メニューがいろいろ載っています。さっそく、「さばみそピーマン炒め」をつくる。ピーマンを炒めたところへさば缶詰をあけて温めるだけです。ピーマンをナスに変えても使えそう。缶詰の蓋をカパと開けて食べるだけでは余りに貧乏くさい。なんとかカッコつけようという趣旨らしいけど、鮭やカニ缶なんか、材料自体がけっこう高いので、お金の節約より、手間をケチるところにメリットがあります。


さば缶とピーマンの炒めもの
さば缶詰 




スポンサーサイト