ウオーキング・観光



●「天芝」の芝生がよみがえりました

 今年6月16日の記事で、天王寺公園の芝生が見事にハゲてしまっていると書きました。昨年10月のオープン以来、余りに大勢の利用者が踏みつけたので、耐えきれずにハゲてしまった。
 ちょうど3ヶ月目の今日、再訪するときれいな緑の原っぱが蘇っていました。むろん、立ち入り禁止です。これで「天芝」の名前も再び使えるようになりました。


では、これからどのような使い方をするのか。すでにアイデアは決まってるでしょうが、芝生広場の積極利用と維持は相反するので、なかなか難しい。とりあえず、小中学校の野外活動(遠足)での利用はアウトでせう。コンサートも恐らく禁止。カップルや家族のピクニックだけならさほど傷まないのではと思います。あんまり制限すると集客力が落ちるので、さじ加減が難しい。公共の公園ではなく、企業(近鉄系列会社)が金儲けのために運営する「天芝」。美しい緑の広場を前にビジネスマンが必死の「そろばん勘定」中であります。


今年6月のミジメな風景
天芝

緑の広場が復活しました
天芝 


天芝 



スポンサーサイト