大阪日暮綴



●天保山がポケモンの聖地になっている

 天保山公園の入り口近くには木造灯台を模した灯明があって、当地は、坂本竜馬、おりょうが日本初の新婚旅行に旅立った地であると案内している・・ということを書こうとしていたのですが、天保山はもっかポケモンファンの聖地になっていて大賑わいであります。竜馬やなんて、オジンの古くさい話題なんかぶっとんでしまいました。


15日のお盆の日に公園に行くと、クソ暑い日中なのに公園は人だらけ、何か催事でもあるのかと思いましたが、たちまちポケモンキャッチに来た連中だとわかりました。群衆なのに、妙に静かなのです。みんなスマホの画面を真剣な目つきでにらんでいる。若いカップルでもだんまりのままです。ちょっと気味悪いような、沈黙の群衆。


実は、公園より西側の豪華客船が着く桟橋一帯のほうがもっと混雑したらしい。下の写真はファンの投稿画像を拝借したものですが、夜でもぎっしり満員御礼状態です。投稿によると、ここは「東のお台場、西の天保山」といわれている聖地?だそうで、ここだけで100以上のポケモンが出現する。レアものといわれる数少ないタイプも現れるとのウワサが広まって、どどっと集まった。おかげで、周辺の民間駐車場は昼夜満タンでホクホクだそう。コンビニなんかも潤ったでせう。ミニながら、経済効果アリ、のポケモンです。


アホクサ、しょーもな、と馬鹿にしながら、この凄い集客力をなんとか経済(消費)エネルギーに転換するアイデアはないものか、と考える駄目男でありました。ま、考える前にブーム終了の予感がしますけど。坂本竜馬、新婚旅行の話は後日書きます。


投稿画像・昼間の桟橋風景
pokemonn


投稿画像・夜の桟橋風景 上が天保山大橋
pokemonn


こんな珍しいタイプが現れるそう
ポケモン
 

スポンサーサイト