閑人帳



●「文春砲」に続く「新潮砲」で鳥越さん危うし

 「文春」に先を越されてしまった「新潮」。8月4日号では、文春が書けなかった淫行疑惑被害女性の証言記録を暴露するそう。・・ということは、鳥越陣営は週刊新潮も事実無根云々で告訴しなければならない。文春と新潮、ライバル同士なのに、新潮が文春に援護射撃するようなかたちになった。両社とも、砲弾だけでなく、小銃弾もビシバシ撃ち込んでるので、鳥越陣営は蜂の巣状態になってしまった。さらに、ネットでは、鳥越氏の学歴「京大卒」にも疑いの眼を向けている。文学部心理学科卒という経歴だけど、京大文学部には心理学科という学部はなかったと。


民進や共産の陣は鳥越さんを担ぎ出したことをどれだけ悔やんでることか。まさか、こんなにアホな候補者とは思ってなかったと応援の陰でボヤキまくりでありませう。考えたくないだろうが、最悪、集票が100万票そこそこだったら宇都宮氏を降ろした意味がなくなる。(氏は90万票くらい取っていた)しかし、投票率が50%台だったら、あり得る数字である。その宇都宮氏が鳥越氏の応援を買って出たという話は聞かないので、氏は敗戦を見越して知らん顔している?


候補者は21人もいるのに、トップ3人以外は、メディアはほとんど無視した。その他大勢の泡沫扱いだった。そこで、興味あるのは3位と4位の獲得票の差である。もし、4位が健闘したら、メディアによるひどい差別扱いは大きな問題になる。


新潮




スポンサーサイト