閑人帳



●予想通りの「文春砲」今回のパワーは?

 前回の文春砲は青山繁晴氏を狙い撃ちしてぜんぜん効果がなかった。今回は鳥越俊太郎氏に向かってズドン!ですが、成果はありや?「週刊新潮」も撃ったけど、いささかインパクトが弱い。さらに、本来、鳥越応援団のはずの「週刊朝日」まで鳥越氏の悪口を書いている。週刊誌三誌が足を引っ張るなんて、政策云々以前に、人柄が嫌われているせいでせう。この段階でも、説得力のある政策を示せず、ひたすらミーハー人気だけが頼りという状態です。


宇都宮氏は地団駄踏む?
 民進、共産などの支援組織は相当危機感を強めている。ひょっとしたら、落選したほうが責任問題が長引かないので助かると思ってるかもしれない。いっぽうで、民進や共産に口説かれて出馬を取り消した宇都宮氏は鳥越氏のグダグダぶりを見て地団駄踏んでると思います。年齢的にも今回が最後のチャンスだったから、もう悔しくて、毎日ヤケ酒煽ってたりして・・。


鳥越氏のスキャンダルは、野党組織で全く知らなかったのであれば鈍感過ぎる。細かく身体検査する時間がなかったと言い訳したいでせうが、何年も前から、ジャーナリスト業界で「怪しい」のうわさが流布されていたのだから、知りませんでしたでは通らない。候補者不足で軽率に飛びついてしまったこと大ハンセーです。もし、鳥越氏が落選したら、野党は宇都宮氏にどう詫びるのか。宇都宮さん、ウツの宮さんになってしまったりして。


文春NAKづり   




スポンサーサイト