閑人帳



●地下鉄天王寺駅で「トマソン」発見

 ・・と書いても、なんのこっちゃねん?でありますが、50歳以下の人は初耳かもしれません。トマソンの何たるか、簡単には説明しにくいので、こちらをどうぞ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%83%9E%E3%82%BD%E3%83%B3

要するに、いちびり精神で楽しむゲージツのことであります。で、地下鉄谷町線天王寺駅で見つけた「トマソン」はこれです。トマソンの概念では、これを「純粋階段」と呼ぶ。ご覧のように、形態は階段そのものである。しかし、設置目的が見出せない。その純粋無垢な階段の存在にいたく感動するのであります。(感動したくない人はしなくてもOK)


tomasonn


トマソンは「路上観察学」の別名でもあり、1970~80年代に大いに栄えた?のでありますが、主唱者である、赤瀬川原平氏など、変人類はあらかた亡くなってしまい、自然消滅しました。また、都市再開発が概ね終了して「物件」が減ってしまったのも、忘れられる理由になっています。よって、トマソンを楽しむ「イチビリ精神」の持ち主も少なくなりました。


相当古い情報だと思いますが、ネットで拾った「トマソン」を紹介します。


tomasonn 



tomasonn 



tomasonn



こちらは、徳島県にある「純粋トンネル」です。
tomasonn


んなもん、何がおもろいねん?・・無理におもしろがることはありません。100人中、93人くらいは面白くないはずなので、ご安心を。面白いと思う方おられたら、外出のおりに街の風景をこまめに観察してみませう。おお!と感動する発見があれば、トマソン入門OKです。

スポンサーサイト