プチ・ケチの研究



●アルミ鍋の黒ずみをクエン酸で取り除く

 アルミの鍋は使い込むとだんだん黒ずんできて、洗剤、スポンジでシコシコ洗っても取れない。ある日、クエン酸を使えば除去できると何かに書いてあったことを思いだし、さっそく試してみた。 小鍋(600cc)にほぼ満水の水を入れ、小さじ3杯、30gくらいのクエン酸を溶かして沸かし、10分煮る(すべて、当てずっぽうの処理)。さて・・と火を止めると、少しはきれいになったが、期待はずれだった。鍋が中国産の安物なので、もともとアルマイトの品質が悪いせいだろうと判断した。


ま、しゃーないかと諦めてふだん通り使い続けたが、数日後、底面の黒ずみが薄れてきてることに気づく。(原因は不明)そこで、再び、前回と同じようにクエン酸を溶かして沸騰すること20分。おお、今度はずいぶんきれいになってるではありませんか。ビフォア&アフターは写真の通りです。側面の黒ずみはかなり残ってるけど、底面は新品のように美しくなりました。これで当分気持ち良く使えます。


クエン酸がどういう風に作用するのか知らない・・まま、試してみたのですが、ネットには詳しい説明があります。何年も前にこんな情報を読んで、漠然と記憶していたのでは、と思います。
 あまりに古い鍋には効果がなさそうですが、お金も手間もかからないので、試してみるネウチはあります。クエン酸はドラッグストアで買えます。


http://wakaba-kakeibo.com/main/setsuyaku/kuensan.html


ビフォア(一年程度使用)
アルミ鍋



アフター
アルミ

スポンサーサイト