ウオーキング・観光



●堺のスーパーウオーク

 ・・というタイトルでは分かりにくい。正しくは「堺のスーパーマーケットめぐりウオーク」であります。3月に開業した、南海線、七道駅前の「イオンモール 堺鉄砲町」をスタートに、となりの堺駅まで、大中小四つのスーパーをめぐる、閑人ならではのウオーキング。買い物ではなく、ウオーキングのネタに使われたのでは、全然ありがたくない客です。


最新にして時代遅れ・・イオンの巨大モール

 昨年12月16日に「いつまで続く、大艦巨砲主義」という題でイオンの悪口を書きました。今年3月、その最新の店舗「イオン堺鉄砲町」がオープン、開店祝いで賑わったみたいですが、前途は厳しいというのが駄目男の見立てです。


ダイエーの失敗を目の当たりにし、かつ、その借金まで引き継いでるのに、イオンの基本コンセプトは「大きいことはいいことだ」であります。もう10年くらい前から「大きいだけでは将来性がない」と批判され、実際、業績にも「デカイけど儲からない」数字が表れているのに、ワンパターンの大艦巨砲主義の店を作り続けています。経営陣は本気で、戦艦大和は沈没するはずがない、と信じてるのでせうか。


おまけに、この新しい堺鉄砲町店は、おなじイオンモール北花田店から3キロしか離れていない。自社の店どうしで客の奪い合いをしています。これを「カニバリズム」ビジネス、共食いといいますが、まさに身内どうしで共食いしています。常識からみて信じがたい経営センスです。


3月14日の新聞に流通大手の決算数字が出ていました。イオンは売上げではもちろんトップで8兆円を超えた。しかし・・最終利益はたったの60億円!。2位のセブン&アイ・ホールディングスの利益、1600億円に比べたら、ハナクソ ほどの数字、赤字寸前です。関西地盤のローカルスーパー「ライフ」は売上げが6300億円、最終利益は79億円。売上げが十分の一以下のスーパーにさえ負けている。


イオンは毎年、利益はずんずん下がってるのに、借金はぐんぐん増えています。有利子負債は1兆8000億円。もうヤケクソか。それでも儲からないデッカイ店を作り続ける。世間から「時代遅れ」と批判され、これはマズイと分かっていながらチェンジできないのが巨大企業の難儀なところでありませう。
 業態転換が難しい大きな理由は、ハナクソほどの少ない利益が、自社スーパーの売上げではなく、テナントの家賃収入が源泉になっている。だから、これを無くしたら即赤字になる。テナント用のバカでかいスペースが必要な理由です。企業の成長には将来の「伸びしろ」が不可欠ですが、イオンにはもうありません。ダイエーの末路と同じ道を進んでるような気がします。


■イオン堺鉄砲町
堺のスーパー 


堺


珍しい傘専門のテナントが入ってます。撤退第一号にならなければいいけど。
堺 


3階には天牛書店が入っている。古本を一冊買いました。380円ナリ。(当店は9割型が新刊書です)
堺 


敷地の隅っこには、ダイセル(この土地の以前の所有者)工場の赤煉瓦ビルが残る。文化施設として活用してほしいですね。
堺 


■スーパー「mandai」
イオンからわずか200mの距離にあり、イオンの開業で撃沈されるかと思いきゃ、結構賑わってます。見るからにオンボロですが、ガンバレ。
堺


mandaiの店まえから、内川沿いの遊歩道を歩きます。桜並木が堺駅近くまで続き、途中に「ザビエル公園」があります。
堺

■「ライフ」堺駅前店
かつて「イトーヨーカドー」のあった敷地に「ライフ」が開店。これくらいのサイズが一番使いやすい気がするのですが。
堺
 

■スーパー「KOHYO」
南海線堺駅構内にある食品専門スーパー。値段はやや高め?ながら、固定客をつかんでる。
堺



イオンから1キロ以内にある、これらの中小スーパーが、イオン開業後も撤退、廃業しないで生き残ったら、逆にイオンの存在価値が問われることになります。

スポンサーサイト