大阪日暮綴



●交通費は一ヶ月 5450円

 乗物の運賃支払いがカードシステムになってから、消費額は簡単にわかるようになりました。入金時のレシートを残しておいて、合計するだけです。但し、家計簿に「今月の交通費」を記入する人は、カード支払いはかえって不便かもしれません。


2011年から15年までの5年間、カード乗車の合計運賃は32万7000円でした。一年間では6万5400円、一ヶ月平均では5450円になります。想像していたよりは少ないな、という感じです。(注)ジパング割引きを使うような長距離乗車は含んでいません)


少ない理由は、ロージン向けに市営交通の大幅割引きがあるからで、これがなければ、一ヶ月一万円くらいになりそうです。地下鉄、バス、一回50円というのが助かります。(別途に年間3000円負担要)それでも、この割引制度の利用者が60%台だそうです。乗物を使う外出はほとんどしない人が多いということです。


交通費のことだけ考えたら、年寄りの都会暮らしは恵まれています。移動1キロ当たりの費用を考えたら、ものすごい差があるのではと察します。マイカー使用の場合、車の代金(ローン)、ガソリン代、保険料、車検費用、税金、修理・メンテ諸費用、高速道通行料金、駐車場料金・・ウンが悪いときは交通違反罰則金も発生します。これらの経費は田舎で暮らしても同じだから、都会のロージンの数倍はかかるでしょう。
 

1000円~2000円の入金が多いのは、一万円札の両替を兼ねているため。
ピタパ
 



にほんブログ村


スポンサーサイト