閑人帳


●こんな都知事で委員会?

 全国都道府県の知事のなかで、一番好かんタコは沖縄の翁長知事、二番目に嫌いなのが東京の桝添知事。そのマスゾエさんのとんでもない贅沢な視察旅行ぶりが報じられている。以下引用。


舛添都知事のロンドン・パリ出張費 20人で5000万円なり

 東京都は7日、昨年10~11月に舛添要一知事がロンドン・パリを訪れた際にかかった海外出張費が、計20人分で総額5042万円に及んだことを都議会の予算特別委員会に示した。その直前に訪れたソウル出張には、11人で約645万円かかっており、今年度は計5700万円が海外出張に費やされていた。

 舛添知事は2020年東京五輪・パラリンピック開催に向け“都市外交”にさらに力を入れる方針。来年度予算案には、都市外交関連費19億円のうち3億3500万円が海外出張費として計上されているという。都によると、ロンドン・パリ出張は昨年10月27日から5泊7日の日程で、知事ら20人が参加。ロンドンで開かれたラグビーW杯の決勝を視察し、パリ市長と面会するなどした。ソウル出張は同月19日からの1泊2日で、韓国の毎日経済新聞社が主催する「世界知識フォーラム」で講演、ソウル市長と対談するなどした

引用元
http://www.sankei.com/politics/news/160308/plt1603080002-n1.html


ロンドン・パリ出張は5泊7日 一人当たり250万円。
ソウル出張は1泊2日 
一人当たり59万円。

 びっくり仰天の金額ではありませんか。おそらく、随行の役人でも飛行機はファーストクラス、ホテルは一泊10万円クラスの部屋に泊まったのでせう。そうでないと、お金の使い道の説明がつかない。これ、都民の税金で賄ってるという自覚が全くないと言われても仕方ない。


都議会で問題にされないのか。されないから実施したのでせう。もしや、議員も同じような大名旅行してるから問題にできないのかもしれない。都民はイチャモンつけないのか。これを看過するって、鈍感過ぎるではありませんか。東京都が財政豊かなことは知ってるけど、たとえば、区によってはひどい保育園不足で困ってる家庭がいっぱいある。


マスゾエさんが嫌いな理由は、人間的な魅力が全く感じられないこと。この点、間抜けなイノセさんや、横暴イシハラさんよりも劣る。さらに、就任早々、韓国のパク大統領と会談したときの最高に卑屈な態度は忘れない。(下の写真)とはいえ、選挙のとき、ほかにマシな候補者がいなかったのも事実。コレしかなかった。次回、再選されないことを願うものであります。



masuzoe


スポンサーサイト