たまには外メシ



●手巻き寿司でホームパーティ

 Iさん宅で3年ぶりくらいに手巻き寿司のランチ会。海苔とご飯の包容力のおかげで、ネタはなんでもOKみたいなのが手巻き寿司の良さであります。差し入れして頂いた酒は、いつぞや紹介した「風の森」の姉妹品「鷹長」(奈良・油長酒造)。風の森とどう違うねん、と訊かれても答えにくいのですが、ワインテイストのまことに美味な酒で、ふだん日本酒を敬遠する人もつい手が出るのでありました。


海外で人気の日本食、そのうち、この「手巻き寿司」というアイテムも伝わるかもしれない。ご飯とサラダ菜とマヨネーズ、というレシピなんか全然抵抗ないだろうし、寿司の概念にない牛肉もネタになる。むしろ、海苔と寿司めしが美味しさを左右するかもしれません。いや、あちらの人は、そんなデリカシーは気にしないか。


すし 


うなぎの蒲焼きと卵焼き
すし 


甘エビとカイワレダイコン。 まぐろもあり。
すし 


納豆
すし 



牛肉
すし 




すし 



さいごにぜんざいを頂きました。満腹。
すし 



にほんブログ村

スポンサーサイト