大阪日暮綴



●寒波の日の記念写真

 1月25日の朝、大阪でも珍しく氷点下3,5度を観測して話題になりました。では、わがウサギ小屋の温度は? 午前7時ごろで15,7度くらい。16度以下になるのは極めて稀なので、記念写真をパチリ。


和室とDKの境目の気温。
寒い部屋


30日夜のNHK”データなび そうだったのか!日本の冬“という番組を見ると、全国で一番寒い家に住んでるのはどこの県か?のデータが掲載されていて、当然、東北か北海道がトップと思ったのに、実は西日本の県が多かった。

寒い


一位の長野県は納得出来るとして、二位が大分、三位宮崎、四位佐賀、五位滋賀県、というのは意外でした。何れも、家の中の最低温度が9度~10度というから冷蔵庫(7~8度)並みです。朝、起きた時点では冷蔵庫の中にいるような寒さ。これは辛いと思うけど、当地の人は慣れっこなんでせうね。北国のほうが寒いという常識がハズレました。


室温のデータで、日本で一番寒い県になった長野県。なかでも寒さが厳しい土地の例として、木曽町・開田高原の集落を取材していましたが、駄目男にはとても耐えられない寒さです。
 下の写真に示されるように、就寝前の午後9時過ぎで4,4度。さらにぐんぐん下がって夜明けの6時30分には、なんと氷点下3,2度!室内で氷が張ります。(寝室での測定です)屋外では氷点下20度近くになります。

寒い


この開田高原は、駄目男が若いころ、春と秋に訪ねたことがあり、観光地になる前の素朴な山村風景がお気に入りでした。ここから眺める木曽御岳はとても魅力的です。ここの民宿でヤマメをはじめて食べました。
 観光の案内はこちら・・・
 http://www.kis.janis.or.jp/~kiso_uma/


開田高原の冬 山は木曽御岳
寒い



にほんブログ村


スポンサーサイト