大阪日暮綴



●自分で確かめる「塩分8グラム」

 雑談のなかで、健康食に関して物知りのひとが言うに「ラーメンやうどんの大好きな人はたいてい高血圧」だそう。旨い、とスープを飲み干してしまう人は、それだけで6グラムの塩分を摂取するという。インスタントラーメンでも同じだと。


塩分の摂取はこれくらいにしませう、というお役所のお節介情報があって、2015年の改定値では、男性は8g、女性は7g未満に抑えなさいとする。(前年までより男性で1g、女性で0,5g厳しくなった)
 であれば、ラーメン一杯で、ほぼ一日分の塩分を摂取してしまい、当然、三食では取りすぎを避けられない。毎日でもラーメン屋うどんを食べたい人は、みんな高血圧という国民病患者さんになってしまう。


幸い、自分は麺類大好き人間ではないから他人事視できるけど、辛いものは好物だから摂取量は多いかもしれない。そもそも、8gの塩ってどれくらいの分量なのか、目で確かめてみた。
 秤で量ると、写真のようになります。小さじに山盛りというかさ高さです。ラーメン一杯にはこれの7~8割の塩が入っている。わお~~。
 こうして塩そのもので分量を確かめると、こりゃ摂りすぎやわ、と納得します。スープは飲み残してもいいのではないか。


ついでに、手近にある食品の塩分を調べてみると・・・

納豆ワンパック・・・0,6g
昆布つゆ・・・3g(煮物一人前分推定)
即席ラーメン・・・5,8g(博多とんこつラーメン
食パン1枚・・・0,8g(4枚切り)
バターふうマーガリン・・・0,14g(食パン1枚分)
レトルト ハヤシライス・・・2,2g

などがわかりました。(今まで表示を見たことがなかった)
 ラーメンの塩分の量の多さが分かります。ラーメン評論家とか、ラーメン協会のエライさんなど、ラーメン食べまくりの人は短命だったという情報もあるけど、これは職業病と言えそうです。しかし、健康で長生きなんてことにさしたる価値を認めない人なら、好きなモノを食べまくって短い人生を終えるほうがベターでありませう。塩は「緩慢な自殺」に適した有機物である、なんて考える人だっているかもしれない。ちなみに、自分の食生活では、うどん、ラーメン、パスタの三種合わせて、周に2~3食、すべて昼食で食べます。



これで8グラム(表示26,5gースプーンの重さ18,5g)
塩8g

参考記事
http://cookpad.com/articles/5087


スポンサーサイト