閑人帳



●正体見たり「流行語大賞」選考

 年末恒例「2015年 新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識選)の候補50語が新聞に載っていた。流行に鈍感なオジンだから、なんのこっちゃねん、の全然知らない言葉がたくさんあるのは仕方ない。一瞥すると、知らない言葉があるのとは別に、なんか違和感を覚える言葉も多いのに気づく。これって流行ったのか?と訝る言葉、例えば・・・

I am not ABE/粛々と/切れ目のない対応/存立危機事態/駆けつけ警護/国民の理解が深まっていない/レッテル貼り/テロに屈しない/早く質問しろよ/アベ政治を許さない/戦争法案/自民党、感じ悪いよね

これらの言葉、みんな安部政権を批判するものだけど「流行語」になりましたかね。「アベ政治を許さない」なんて、一部の左巻連中がデモのプラカードに書いていた言葉なのは知ってるけど、世間で流行りました?


怪しんでいたら、今日の新聞に下のような書籍広告がありました。

流行語

自由国民社が発行している「現代用語の基礎知識」がこの催事を主催しており、広告に出ているライターの名前を見て「な~んだ、そうだったのか」と納得しました。サヨクの連中ばかりではありませんか。用語辞典だから、客観的でノーマルな解説をしている本だと想像していたけど、それは間違い、十分に左へ偏向している辞典なのでした。


鳥越俊太郎とか姜尚中なんて、名前を見ただけで蕁麻疹が出そうなくらい嫌いな連中が編集に携わってる。木村草太は明快に安保法案に反対している学者だから、公平な解説記事を書くわけがない。


昨年(2014年)の「流行語大賞」の年間大賞は、「ダメよ~ダメダメ」「集団的自衛権」の2つだったが、これは、「ダメよ~ダメダメ!集団的自衛権」と2つを1セットにして、集団的自衛権を批判したと言われている。世論無視、はじめから恣意的に選考していた。
 まあ、朝日や毎日の読者なら納得の候補でありませうが、自分にとってはサヨクの宣伝としか言えないインチキ情報であります。


◆今年の流行語大賞候補 50語
 爆買い/インバウンド/刀剣女子/ラブライバー/アゴクイ/ドラゲナイ/プロ彼女/ラッスンゴレライ/あったかいんだからぁ。/はい、論破!/安心して下さい。穿いてますよ。/福山ロス(ましゃロス)/まいにち、修造!/火花/結果にコミットする/五郎丸ポーズ/トリプルスリー/1億総活躍社会/エンブレム/上級国民/白紙撤回/I AM KENJI/I am not ABE/粛々と/切れ目のない対応/存立危機事態/駆けつけ警護/国民の理解が深まっていない/レッテル貼り/テロに屈しない/早く質問しろよ/アベ政治を許さない/戦争法案/自民党、感じ悪いよね/シールズ(SEALDs)/とりま、廃案/大阪都構想/マイナンバー/下流老人/チャレンジ/オワハラ/スーパームーン/北陸新幹線/ドローン/ミニマリスト/ルーティン/モラハラ/フレミネー/サードウェーブコーヒー/おにぎらず



スポンサーサイト