閑人帳



●宗達ファン必見 (NHK BSプレミアム)
「風神雷神図を描いた男 天才絵師・俵屋宗達の正体」

正体が分からない天才画家、宗達・・であることは知っていたが、こんなにも見事に「分からない」人物だとは。たくさんの優れた仕事を残していながら、俵屋宗達という名前以外はほとんど何もわからない。なんとか正体を突き止めようとして、学者が必死で資料を集め、手がかりをつかもうとするが、彼が実在したという以外は尻尾もつかむことができない。「日本美術界最大のナゾ」というのも大げさではなかった。


いったい、どれだけ金と手間をかけたのか、と貧乏性は気にしないではおれないくらい丁寧な取材と絵づくり。案内役の女優、中谷美紀が画面によくハマッていて、無言のときの姿が粋であります。じっと立ってるだけでも絵になるのが女優なのか、としょーもないことに気づいたりして。


 ラスト近く、雷神図のボディがなぜ白塗りなのか、に対する某学者の想像はかなりショッキングだ。ここまで考えるのか、と感心する。この場面を見た人は、生涯忘れないのではないか。

 「長谷川等伯」を著した安部龍太郎氏あたりが最新の情報を駆使して「俵屋宗達」を小説にしてくれないかナ・・勝手に希望します。

再放送ご案内
11月2日 月曜日 15時~16時30分


風神雷神図
風じん図 





スポンサーサイト