読書と音楽の愉しみ



●何度見ても楽しい、日舞で踊る「ボレロ」

 以前にも同じ趣向の番組を紹介したけど、今回はオーケストラの生演奏と主演にバレリーナの吉田都を配してのニューバージョン。吉田は「アマテラス」という役柄で踊ります。日本舞踊は花柳流や藤間流の若手(一部はおじさんも)連中による群舞です。演奏は東京フィルハーモニー。


ふだんは、三味線や琴の伴奏で、摺り足で踊る面々が洋楽のリズムに合わせて踊るのだから、練習の大変さが想像できます。しかし、ダンスは見事なもので、拍手喝采の成果をおさめました。
 日舞をオーケストラの伴奏で踊るというのが企画の趣旨で、他にも数曲が披露されたけど、客席の評価はこの「ボレロ」がダントツで一番。なんべん見ても、聴いても楽しいダシモノです。(10月30日 Eテレ)


おなじみの曲はこちら・・・(デュトワ・N響)
https://www.youtube.com/watch?v=ssIemc6ob5U



序奏部
ボレロ 


ボレロ
 


フィナーレ
ボレロ 






スポンサーサイト