ウオーキング・観光



●スリル満点!  Z.A.Nさんの「自撮り 妙義山登山」

 毎日のように「快道ウオーキング」を訪問頂いている、Z.A.Nさんの痛快登山記録をご覧下さい。自撮り、というのが新鮮で、ヘルメットに付けたカメラで周辺の景色を、さらに背中に付けた長いポール上のカメラで本人の動きを撮影しています。(写真参照)ということは、本人は手でカメラを構える場面がナシでの撮影になります。このため、両手はハシゴや鎖を使う場面でフルに使える。岩登りで自撮りするにはこれしか方法がないだろうと納得してしまう「自撮り登山テク」です。


撮影場所は、妙義山でも一番険しいと言われる「鷹返し」という岩場。ビデオを見ると、まるで自分も岩登りしてるみたいなリアルさがあって楽しいけれど、ご本人は常にカメラアングルを意識しての登りになる。意図通りに撮れてなければ登り直しです。(6回も登り直した!)
 帰宅してからの編集作業も大変でせう。しかし、苦労の甲斐あってとても楽しい作品になりました。バックの音楽も誂えたように良くマッチしています。

地球をバックにした宇宙遊泳の場面の趣がある動画
ぜひ、フルサイズでご覧下さい。
http://asitakangaeru.blog.fc2.com/blog-entry-256.html


2台のカメラを使い、こういう仕掛けで撮影した。
妙義 


このポールの先にカメラをつけて真下を撮影すると上の写真になる。
妙技


妙義山(フリー画像から引用)
妙義


こんなハードワークの連続(同)
妙義山




スポンサーサイト