ウオーキング・観光



●「おたべ」の手作り体験

 なぜか甘党ネタが続きます。生八ツ橋のメーカーの一つ「おたべ」で観光客相手に体験教室をやってるので参加。誰でもカンタンにできるのかと思いきゃ、そうでもありませんでした。慣れたころにはオシマイという、よくあるパターンです。(予約制・受講料600円要)


 京都市南区の本社工場の一部が体験教室になっています。会社の名前は「美十」(びじゅう)と言います。米粉、砂糖、ニッキ、きなこなどが材料で、蒸しの工程だけはプロがやってくれます。
 蒸した、熱々の餅をこねて、切って、麺棒で延ばして、形を整えて、あんこを包む。こういう作業で約一時間近くかかります。モタモタすると、柔らかい餅が固くなってしまうので焦ります。


工場では工程のほとんどが機械化、自動化されていて、和菓子をつくってる雰囲気はゼロです。最後の包装箱へ入れる場面だけは手作業で、あのやわらかい餅をそっと持ち上げるのが機械には出来ないそうです。
 繁忙期はお花見時分と紅葉の季節、多い日は一日20万個くらい生産します。賞味期限の短さが難儀な点で、過不足なく生産するには相当の智恵がいるでせう。このリスクを減らすために、八ツ橋以外の商品もたくさん作っています。


八ツ橋のオリジナルは焼き菓子で400年近い歴史があるけど、生八ツ橋が生まれたのは昭和の半ば、意外に新しい商品です。


「おたべ」本舗のHP
http://www.otabe.kyoto.jp/index.html



近鉄十条駅から西へ歩いて10分くらいのところにあります。
おたべ 


本日の参加者は10人。センセイ一人がつきっきりで面倒見ます。
おたべ



最初は米粉をむら無くかき混ぜる作業。これを約20分蒸します。
おたべ 


セイロで蒸すのは餅づくりと同じ
おたべ 


綿棒で薄くのばす。正方形にしたいけど、なかなか思うようにのびない。
おたべ 



なんとかカッコつきました。お抹茶で頂きます。
おたべ 



工場では、このように機械化、自動化されて「まんじゅう」づくりの場に見えない。
おたべ 







スポンサーサイト