大阪日暮綴



●なんの因果でこの姿・・・

 長居植物園の入り口近くに「緑のトンネル」という栽培小屋があり、現在はへちま、瓜、瓢箪の類いが茂っています。瓢箪といえば、なんとなくユーモラスなかたちを想像するけど、種類によっては「ぐえ」と目を背けたくなるものもあります。瓜にも「へび瓜」という、見るからに気持ち悪い形のものがあって、つい標題の「何の因果で・・」と言いたくなります。


では、こんな見た目の悪い瓢箪や瓜は捨てられてしまうのか、というとちゃんと救いがあります。瓢箪はクラフトの材料として、瓜は普通に食材として食べています。ヨカッタ。


イボ瓢箪
ひょうたん



イボを生かしたクラフト作品になります。
ひょうたん



へび瓜
ひょうたん



ヘび瓜を使ったレシピがあります。
http://cookpad.com/search/%E3%83%98%E3%83%93%E3%82%A6%E3%83%AA




スポンサーサイト