アジア ウオッチング


●襲来前に救助隊を派遣・・台風13号・台湾上陸


 地震と違って台風はある程度、規模や被害が予想できるので、被害発生前に救助隊を派遣しておけば、活動効率がうんと良くなります。
 というわけで、NGO・ピースウインズ・ジャパンでは、台風襲来の二日前に救助隊員6名と、救助犬2頭を台湾に派遣しました。こういう発想には賛成です。多少の空振りがあっても仕方ない。


台湾にとって、8月8日は「台風の厄日」だそうで、6年前の2009年の同日にも台風が襲来、山間部の集落の埋没など、数百人の犠牲者がでた。この時も日本は救助隊を派遣したが、襲来後だったため、迅速な活動が出来なかった。これを教訓として事前派遣されました。
 今回の台風13号は、規模は中くらいなので、2009年のような大災害にはならないと思いますが、台湾通過後、中国本土へ向かい、大雨の被害が予想されます。中国は防備のためのインフラが脆弱なため、200~300ミリの雨量でも多くの死者が出る。その犠牲者はいつも貧民層です。



参考記事
http://peace-winds.org/news/emergency/8532


台風13号 






スポンサーサイト