大阪日暮綴



●寝苦しい夜におすすめ「ナイトキャップ」


 猛暑続きで家に引きこもりがちな年寄りは、運動不足になって寝付きが悪くなりやすい。そんなときは、寝る前にチョイとお酒を飲むと寝付きが良くなります。経験的に一番のお勧めは梅酒です。本来、下戸だから50ccくらいの少量でOKです。

 ナイトキャップは「寝付きが良くなる」のほかに「トイレの回数が減る」という効果もあります。何故減るのか分からないのですが。


エアコンの設定は「除湿・弱」にしています。室温より一度下げて除湿します。これで部屋の温度は27~28度になります。気温を下げるより、湿度を下げたほうが快適感効果が高い、というのが個人的感覚です。

***************************

頂いたものは全て消費しないともったいない・・という貧乏性のおかげで、下戸のくせに、お酒はなんでも呑めるようになりました。(そんなん、下戸とちゃうやろ?)知人が持てあましていた紹興酒も有り難く頂戴、ナイトキャップに利用します。少し砂糖を加えると呑みやすい。

紹興酒






スポンサーサイト