ウオーキング・観光



●京都で「新高野快道」完歩記念展


 京都在のKさん他のグループが、拙著「新高野快道」ガイドを使って、東寺~高野山奥の院145キロを踏破、その記念に上京区役所で展示会を催されました。(7月19日~31日)

 グループは平均年齢70歳代の男性で、呉服関係の仕事に携わった人たちですが、皆さん、とても元気で若く見えます。7月23日に、御礼かたがた会場を訪問して、思い出話など聞かせていただきました。
 展示会を思いついたのは、メンバーの一人が歩行の記録を絵巻物ふうにつくり、それが全長20m?にもなる大作になったので、市民の方にも見て頂こうとKさんが企画されました。


地図は古くなって情報が変わってるところもあり、道を間違えるなど、苦労されたと思います。また、コース後半になると、京都からの「通い」が遠くなって、時間がかかり、電車賃もかさみ、往復の電車だけで疲れてしまいます。それを耐えて完歩されました。
 達成すると、当時の苦労も楽しい思い出になるのが歩き旅の楽しさです。その上、こんなに立派な絵巻物まで作って頂いたので、快道メーカー冥利に尽きます。Kさんも写真展示とともに「高野快道完歩の記録」という35頁のレポートを制作、一部を頂戴しました。

 その内容は拙著ガイド文の使い回しではなく、自ら資料を探して書き下ろしたもので、拙ガイドよりずっと中身の濃いものになっており、「負うた子に教えられ」というか、自分の不勉強がバレてしまいそうです。


今年は高野山開創1200年という記念の年であり、私鉄各社が共同で、ウオークイン高野山の企画をしたらどうかと、南海さんに提案しましたが、しっかり無視されました。ま、当然ですけど。それでも、のべ何千人かの方には利用してもらったので、快道メーカーとしてはとても有り難く、満足しています。


Kさんの「新高野快道」レポート (ブログ)
http://itoyamati.exblog.jp/24382483/


上京区役所は改築してまもなくで、区役所らしからぬリッチなつくりになっています。地産地消の方針にのっとり、北山の木材がふんだんに使われ、柱巻には西陣の織物が壁紙ふうに張ってあります。
新高野



高野快道絵巻物記 写真や観光パンフなどを貼り付け、説明文を添えてあります。一体、どれだけ時間がかかったことか、タマランこまめさです。
新高野展示会 


Kさんがつくった「高野快道完歩の記録」
新高野





スポンサーサイト