読書と音楽の愉しみ



●イザベラ・バード著「朝鮮紀行」を読む


 文庫版が1998年に発行されてから2011年までの13年間に26刷を数えている。地味ながらロングセラーを続ける理由は何だろう。想像でいえば、イギリス人のおばちゃんのものすごい行動力、観察力と、それにしてはクールな文章表現が読者に大きな信頼感を与えてるからではないか。全570頁に詰まる情報量の多さに圧倒されながら、読者が朝鮮の旅をしているようなリアリティも味わえて、凡百の紀行文を寄せ付けない。それにしても、全身好奇心のかたまり、スゴイおばちゃんであります。


著者が旅したのは、日本が進出し、西洋諸国も国益を求めて外交官を駐在させていた1890年代、閔妃暗殺事件など惨劇も起き、国王がロシアの公使館に保護を求めて居候するなど、とても国を統治できる状態ではなかった。そんな混乱のさなかに見た朝鮮という国は、王宮以外はスラム街のみといった、貧しくて未開の国で、誉める点など探しても見つからない。日本と比べて、文化水準の低さに驚いている。


本書は当然、朝鮮語にも訳されて出版されたはずでありますが、朝鮮の人が読めばさぞかし不快でありませう。生活は貧しく、国民は一部の農民を除いて怠惰そのものであり、国王も救いがたいほど無能だった・・。こんな記述が延々と続くのだから、読みたくありませんよね。もしや、現在でも、韓国内では、この本の出版はタブーになってるのではないか。


「日本による植民地支配」を恨みまくってる韓国ですが、今から120年前、韓国統治のために進出した日本をイザベラ・バードはどう見ていたか。最終章に書かれている文の一節を引用します。


564頁より引用
 「わたしは日本が徹頭徹尾誠意をもって奮闘したと信じる。経験が未熟で、往々にして荒っぽく、臨機応変の才に欠けたため、買わなくていい反感を買ってしまったとはいえ、日本には朝鮮を隷属させる意図はさらさらなく、朝鮮の保護者としての、自立の保証人としての役割を果たそうとしたのだと信じる」 日本にも、朝鮮にとってもアカの他人だったイギリス民間人の見解です。


もし、日本が朝鮮を統治せず、代わりにロシアが統治していたら、朝鮮の運命はどうなっていたか。日本の統治よりはずっと幸せな国になっていたと言えるのか。一番大事なことは、当時の朝鮮は、国家として自立できる能力は全くなかったことであります。日本の悪口を言う前に、己の無能をしっかり認識せよ、であります。(1998年8月 講談社発行)


イザベラ・バード
イザベラ 


イザベラ


スポンサーサイト