大阪日暮綴



●できちゃったらくご


 わ、今日はこないにぎょうさん来てくれはって・・と、あやめが感激して礼を述べても、せいぜい30人。8割は常連客。
 有志で主催する新作落語のテスト公演。もう10年くらい?続いていて、メンバーはほぼ固定。今回は、桂あやめ、三金、三風、月亭遊方、笑福亭たま、旭堂南湖、の6人。出演順はじゃんけんで決める、題名も未定なので、終わってからテキトーにつける、という、アバウトな催しです。出囃子が鳴ってるのに、まだ楽屋でネタくりしてる人もいて、性格が表れます。なので、マクラがしどろもどろだったりして・・。ま、試作品だから不具合は許す、ということで。


落語の世界では著作権の概念がないらしく? 先輩のネタをアレンジして自分のものにすることができる。(本人の了解は取るが)あやめの新作も先輩、誰某(忘れた)のネタを加工して、美容整形の話が人体解剖になる、キモイ話。
 妙に面白いのは遊方で、この人はいつもヤケクソじみた乱暴なしゃべり方(米朝の対極)なのに、いつのまにか聴き手を引き込んで、ちゃんとオチに持ち込む。おじいさんになってもコレでは困るやろ、と思いながら、ゲラゲラ笑ってしまうのであります。まあ、自分はその頃生きてへんから、ええか。(6月17日 動楽亭)


月亭遊方 プロフィール
http://u4.halfmoon.jp/intro.html



できちゃったらくご





スポンサーサイト