半畳雑木林



●食卓に蝶がいる風景  ~半畳雑木林余聞~

 植木鉢のクスノキにアオスジアゲハが卵を生みつけ、サナギになった事はすでに書きました。見つけたサナギは合計8匹。無事に蝶になるか、見守ったところ、全員羽化して娑婆へ飛び立ちました。

 最後の一匹は食卓で羽化するシーンを観察。蝶の羽化を間近に見るのは初体験です。前夜にサナギはきれいな緑色から黒っぽい色に変わり、午前6時30分ごろ、殻を破って出てきました。その間、わずか2分くらい。羽根を広げて身なりを整えるまでは10分くらいかかります。
 その後、数時間はじっとしています。世間にデビューする前のウオーミングアップらしく、近づいても逃げません。


すぐ近くに大きなクスノキがあるのに、わざわざ狭いベランダの植木鉢のクスノキに来るなんて、蝶にも貧乏性がおるのであります。飛び立った彼らは、羽化の場面を思い出して言うに「殻からにゅると身体をせり出したら、目の前に「金麦」って書いてあるじゃん。ぐえっ、うちら、ビールで育ったん? そんなアホな。だったら、プレミアム モルツにしてほしかったわ。なに、植木鉢の家主は年金暮らしやから金麦で精一杯やて? 嗚呼、親は貧乏性、家主も貧乏たれで、先が思いやられるわ」



きれいな緑のサナギが・・・
アゲハ羽化 


前夜に黒っぽく変わります。
羽化


殻を破って出てきた。缶がツルツルで、滑って前進しにくい。
羽化 


ぐわんばれ、もうちょっとや。
羽化


無事、デビューできました・・けど、ここって家の中かい?
羽化 



ビールはもういらん。あの・・うちもコーヒーもらえません?
羽化







スポンサーサイト