ウオーキング・観光



●快晴の舞洲ゆり園 見物
 
 週間予報では、この先一週間は快晴がなさそうなので、梅雨入り翌日の快晴を幸いと出かけました。人混みを敬遠して閉園一時間前に入場します。場内にいた客は200人程度で、ガラ空きでした。入場料は1200円ですが、新聞チラシの割引き紙片持参で600円になります。


5月の気温が高かったせいか、例年より見頃時期が早まってるそうです。最終は7月5日ですが、そこまで持たない感じ。開園一週間目の今日でも十分見応えがあります。
 ここは海を背景にしているロケーションでずいぶんトクしています。カメラファンにとっても絵づくりがしやすい。特に、日暮れ時に太陽や海をバックにしたシーンが人気だそうです。ただ、平日は5時閉園だから、サンセットシーンには早すぎます。


わずか一ヶ月の営業でモト取れるんかい? 貧乏性の駄目男はつい余計な心配をしてしまいますが、年々、規模が大きくなってるところを見ると、赤字ではなさそう。近隣のレジャー施設とコラボするとか、いろいろ努力はしています。それにしても、この広いスペースを管理するのは大変で、水やりや清掃など、裏方さんの苦労が思いやられる・・と、どこまでも貧乏性の発想しかできない駄目男でありました。(6月4日)
 

舞洲ゆり園のHP
http://yurien.com/



ゆり 




ゆり園 




ゆり園



ゆり 


ゆり


読売テレビの中継車が来ていました。

ゆり 


帰宅してスイッチオンすると、天気予報の場面で中継画像を使っていました。ホウライさんという
気象予報士が紹介していました。(6時前)
ゆり園 





スポンサーサイト