アジア ウオッチング



●悪い予感、当たる・・・
    TBSのワシントン支局長、山口敏之氏左遷

3月31日に当ブログでこんな記事を書いた。(以下再録=茶色文字)


●「週刊文春」拾い読み (4月2日号)

韓国軍にベトナム人慰安婦がいた!
 
慰安婦問題をネタに日本に嫌がらせを続ける韓国。しかし、ベトナム戦争時に、現地に派遣された韓国軍が自ら慰安所をつくり、ベトナム人女性を慰安婦にしていた・・という事実がわかった。その前、朝鮮戦争時には韓国政府自らが米軍のために慰安所を設けていたことも明らかになっている。しかも、その責任者が朴槿恵大統領の父であった朴正煕元大統領だった。(この件は当ブログで既報)これだけの「事実」を踏まえて、よくぞ日本にイチャモンをつけられるものだとあきれてしまう。


記事は7頁にわたり、米国の公文書館での地味な調査とこれを裏付ける、文春記者のレポートでできている。このスクープといえる記事をモノにしたのはTBSのワシントン支局長、山口敏之氏だった。
 ならば、まずはTBSか毎日新聞で大きく報道するべきなのに、なぜか両社ともスルーした。韓国のご機嫌を損なうようなニュースは報じたくないから、としか思えない。(ナゼカ、ABCでは取り上げた(笑)


せっかく苦労して仕入れたネタなのに、自社で無視され、商売敵といえる週刊文春に渡さざるを得なかった山口氏の胸中はいかがなるものか。ま、はじめから、自社や毎日が無視することは分かっていたかもしれませんが。(引用ここまで)


山口氏左遷


もしや・・という予感はあったが、山口氏は米国から呼び戻され、左遷処分された。(下の記事写真参照)スクープ記事を週刊誌で発表したからである。だったら、自社=TBSか毎日新聞で報道すれば良いではないか、と誰しもが思うけど、出来ないのがTBSや毎日新聞の体質、思想なのだ。韓国のご機嫌を損ねるような報道はしたくない偏向思想と、社員に在日韓国人が多数いるからである。
 ほかに理由は考えられない。まともなメディアなら、スクープ記事として堂々と報道するべきでありませう。まともでないこと、朝日新聞やテレ朝とそっくり。

 ・・・で、次に「文春」はどう出るか。興味あります。



山口氏 





スポンサーサイト