閑人帳



●こんな雪祭りがあったのか・・
                 ~ 
新潟県津南町のスカイランタン~

             
 積雪3mが普通という豪雪地の津南町、ひたすら雪に埋もれ、耐えるだけの暮らしかと想像していたら、こんなに楽しい、ハデな行事がありました。熱気球の原理で行灯を夜空に浮かばせる(飛ばせる)という、見た目にもロマンチックなイベントです。
 夜中に浮揚させるので風があれば遠くへ飛んで行ってしまい・・雪のない季節なら火事の心配をしてしまいますが、地上全面雪に覆われているから、そんな心配はいらないのか?。
(燃料がなくなったら、当然、天から落ちてくるのでせうね)誰がアイデアを出したのか知らないけど、見物するだけでなく、参加もできるので集客力は大きいと思います。動画をぜひご覧下さい。


仕組みと打ち上げ方は下記のようになります。(コピー)


スカイランタンの仕様
燃料:パームワックス
素材:桑や米などの自然素材から漉いた和紙のような油紙を竹の骨組みに張り合わせて作られています。
よって、全て地中に還る環境に優しい素材です。

打ち上げ方法
◇スカイランタンは、当日の会場で16:00から引換券を1個500円で販売いたします。(限定1,000個)
◇ライター等着火器材で中央の燃料に火をつけます。(ライター等は各自ご持参ください)
  ※予め燃料をほぐしておくと火が付きやすいです。
◇火がついたらスカイランタン上部を持ち、ふくらみがでるまでしばらく待ちます。
◇全体的にふくらみが出たら持ち手を下部の枠へ持ち替え、中の空気が暖まり浮遊力が出るまで1〜2分待ちます。
◇充分に中の空気が暖まったら浮遊力が出ますので手を放すと、自然と空中に浮かび上がります。
※浮かんでから目視できる時間は4〜5分です。


ランタン



この動画でよくわかります
https://www.youtube.com/watch?v=44uNBVw9RN4&feature=player_embedded






スポンサーサイト