アジア ウオッチング


●開催危うし・・平昌オリンピック

 2月9日の7ch「未来世紀ジパング」では韓国の世相のあれこれを伝えていましたが、駄目男の関心は平昌(ピョンチャン)オリンピックが無事に開催できるかどうか、です。つい二ヶ月ほど前は、開催が危ういから日本と共催してはという議論が湧きましたが、結局、当初計画通り、問題ナシ、韓国単独開催OKとなりました。


オリンピックは2018年開催。しかし、一年前には競技施設のテストをする必要があるので、施設は2017年冬には完成させなければならない。あと2年しかありません。現状はどうなのか。
 TV取材班の画像を見ると、メーンスタジアムほか大型施設の多くが未着工又は大幅工事遅れになっています。中心部の道路は未だに用地買収さえ済んでいないとか、ひどい状態です。(下の写真参照)


今ごろ言っても遅すぎるけど、資金不足は深刻らしい。国も地方も出し渋り、民間からの調達も進まない。そもそも国民の関心が薄い。韓国国民が好きなのはフィギュアスケートだけで、スキーやそり競技には興味がない。ボブスレーなんかコース設計の技術もないから、一から勉強しなければならない。いずれも何十億という大金が要る施設です。


そもそもなんでオリンピックを誘致したのか。答えは韓国人の「見栄」です。先進国がやってるイベントはなんであれ「韓国でもできる」と見せびらかしたい、という虚栄心が開催の動機です。世界的な話題になる国際博覧会やF1レースを実力が無いのにゴリ押し開催する。そして見事にコケる。F1レースの大失敗は未だに尾をひいて、巨額の罰金が話題になっています。何をやっても二流止まりの国家なのに、身の程わきまえず一流を目指すから結果的に大恥をかく。番組でも、このことはしっかり批判していました。


冬期オリンピックも単独で開催できると見栄はってるけど、関係者は戦々恐々でせう。金がない、技術が無い、時間が無い・・内輪で責任のなすりあいをした挙げ句、日本に泣きついてくる可能性があります。そして、彼らが一番恐れているのは「雪がない」事態ではないか。もともと降雪量の少ない土地だから雪不足の心配は大きい。こればかりは何処に泣きついても解決のしようがありません。いや、もっと大きな心配がある。いびつな経済運営が災いして、オリンピック開催までに国家が傾くことです。


「未来世紀ジパング」画像
ピョンチャン

施設が出来たとしても、開催後は廃墟になる可能性が大きい。
ピョンチャン 



ピョンチャン 






スポンサーサイト