読書と音楽の愉しみ


●阪神百貨店の古本市

 デパートの古本市にはじめて行った。催し会場の一角だからスペースは狭いけど、なかなかの盛況であります。実際は古本より中古レコードやCDの売り場のほうが広く、これがまた大人気なので驚きます。さすがにSPレコードはないけど、LPは各ジャンルとも出品が多く、なかにはスーパー用の買い物籠に10枚以上入れて、額に汗をうかべ、引きつった顔で棚を漁ってるおっちゃんもいる。ほかの客もみんな真剣に品選びをしていて、古本コーナーののどかさとは雰囲気が違います。


ということは、皆さん、LPプレイヤーを持ってるということです。今どき、そんな趣味は超レアだと思うけど「音楽再生はLP でなきゃ」のファンが地味に生息しているのでせう。値段は300円代から2000円くらいまで。3台あるレジの前には行列ができ、係員が整理をするという賑わいぶりでした。土日はもっと混雑するでせう。当催事は31日まで開催。なお、新年はOBPのツインタワー特設会場でも古本市が開催されます。期間は1月19日から25日まで。


これだけ買いました。CD2枚はアルゼンチンタンゴで、一枚は1928~38年録音の歴史遺産的珍品のコピー。SPレコードをかけた「電蓄」の音質がなんとも懐かしい。電蓄って・・もう死語かも。


古本市






スポンサーサイト