読書と音楽の愉しみ

 

●たなかよしゆきさんの新しい詩集「銀河草」

 詩集としては第十一冊目になる「銀河草」は手づくりです。詩文はコピーですが、装丁や製本はハンドメイド。身近な山川草木をうたった作品を中心に28編がおさめられています。その中で駄目男がお気に入りの詩を一編紹介します。



よしゆき詩集 


よしゆき詩集

著者・・たなかよしゆき  発行所・・文文舎
636-0253 奈良県香芝市田尻430-4
TEL・FAX 0745-79-6452 
頒価 1000円


*****************************


自費出版なんていうと、えらく大層に思えて取りつきにくいけど、ごく少部数なら手作りできます。作品だけでなく、表紙のデザインとか、装丁や製本までハンドメイドというのは、作り手の個性がモロに表れて、それが読み手にも伝わり、普通の印刷本より希少価値があります。
 コピー機を使い、ホッチキスで綴じられる範囲で、というスケールで詩やエッセイ、イラスト、写真作品集をつくる・・。自己表現の一つとして、気軽に取り組めるアイテムではないでせうか。




スポンサーサイト