犬町・猫町情報



●スーパームーン

 お月さんのサイズなんて、いつ見ても同じハズと思い込んでませんか。いや、お月さん自体のサイズは同じなんですが、地球に近づいたり、離れたりすることで見かけの大きさが変わる。その変わりようで特に大きく見える場合をスーパームーンというそうです。


で、9月9日は特に大きく見えるチャンスだったのに見逃しました。実は、駄目男は、月が大きく見えるのは空気層のせいで、大気がレンズの役目をしてサイズを大きくしていると思ってました。山の端から上る月が大きく見えるのは、真上より空気層が厚いせいと思っていた。(これって、完全に間違いなのかな)


では、スーパームーンは普段のサイズよりどれくらい大きく見えるのか。ネットで画像を探したら、下の写真がありました。左がスーパームーンで、ゆうに一回りは大きく見えます。これだけ差があれば、いつもより立派に見えます。鑑賞価値ありです。


スーパームーン


ぽんさんが、9日の夜にたまたまこの月を見て、流れゆく群雲の間から見える月の美しさに見とれた、とスケッチを送って頂きました。感謝。星とちがい、月は都会の夜でもかっこよく見えるのが有り難い。
 このスーパームーン、次回は何時見えるのかというと、来年の9月28日だそうです。しかし、英語で言うと、なんか唯物的で風情がない。やっぱり、多少サイズは違っても「仲秋の名月」という呼び名のほうが魅力的です。


スーパームーン






スポンサーサイト