アジア ウオッチング



●妄想が現実に?・・セウオル号事件、幕引き開始か

 7月10日の当ブログ「アジアウオッチング」記事の後半で、セウオル号事件の黒幕、ユ会長は逮捕されると政界との癒着、汚職がばれるので、本当は逮捕されないのが望ましい。あるいは、北朝鮮の工作員を介して殺し、真相を闇に葬る可能性もある。これは駄目男の妄想だとことわって書きましたが、オヨヨ、ユ会長は一ヶ月以上前に遺体で発見されていたことがわかったという報道が・・。う~ん、妄想のはずが,なにやら現実感十分の様相です。


自殺、他殺を問わず、とにかく死んでしまえば一件落着、ニンマリしている関係者、何十人もいるのではないか。その一人に朴大統領もいる。そして、この大きな悲劇は、真摯な原因究明、責任追及がなされないまま、テキトーに言いつくろって幕を下ろすこと、確実になりました。遺族の無念、いかばかりか。悲しいけど、三流国家の宿命であります。
 純粋ヨソモノの駄目男でさえ、これだけ疑いまくってるのだから、韓国民の疑心暗鬼は百倍、千倍、無能政府への批判はさらに強まる。


もともと逮捕すると自分たちが困るのであるから、検察、警察の捜索は当初から後手後手の繰り返しで、それを誤魔化すために、国民からの情報提供に高額の懸賞金をつけたりした。今回の遺体の身元確認においても怪しいことが多々あり、公式の発表をしたにも関わらず、警察内部からも疑惑の声が上がっている。





スポンサーサイト