アジア ウオッチング



●納涼にいかが? 肝まで冷える「懸空寺」拝観

 中国は山西省にあるこの寺は、名前の通り絶壁にへばりついてるような建て方で人気が高い。伝承では、1400~1500年前に創建されたといい、事実なら法隆寺と同じくらいに古い。

 歴史はともかく、訪問者は誰しも「なんでこんな所に?」と訝りつつ、スリル満点の拝観を楽しむ。日本では、鳥取県の山中に「投入堂」という、やはり断崖に造られたお堂があるけど、この「懸空寺」に比べたらミニチュアのレベルでしかない。(写真参照)


久しぶりに「大紀元報」を開いて見つけたネタですが、写真が不明瞭なので、別のブログを開き、見やすく画像補正をしてアップしました。いずれも日本人旅行者のブログです。


引用元記事・写真
http://blogs.yahoo.co.jp/sw21akira/37060057.html
http://curazy.com/archives/15990
http://www.s-arakawa.jp/abroad/china/sansei/daido/kenkuji.htm




懸空寺 「壮観」の二字は、この地を訪ねた李白が感銘して書いたという。
寺 


寺 


寺 


*****************************


鳥取県三朝町の三徳山にある、国宝「投入堂」拝観には許可が必要
絶壁の寺







スポンサーサイト