ウオーキング・観光



●閑有編集長の閑ナシ旅レポート

 5月19日の閑人帳「ゆきくれてNOW」に登場していただいた閑有新聞の閑有編集長が、なぜか「閑ナシ」弾丸ツアーに参加、素敵なイラストとともにレポートを寄せてくれました。名目「二泊三日」の旅の旅費が12000円なんてホンマか?と疑ってしまいますが、ホンマにあるのですねえ。究極の〇び旅をご紹介します。


*********************************


無事生還なるか・・・閑有びフェリーツアー旅 ~閑有新聞編集長~

ゴールデンウィークを避けてのこの時節、恒例○び旅を旨とする仲間に誘われて、閑有、うれしはずかしナンジャラホイの初体験フェリーツアーに出かけた。

 今までこのオジサン旅、1泊798のバスツアーを、ほぼ制覇して、今年は少し贅沢身のほど知らず、旅費10,000円の船旅に決めたのであるが、何たる不運4月に消費税アップで予算12,000円!さらに決定直前、韓国フェリー事故キャンセル相次ぎ3度目の予定変更で、やっと決まった。


日程は平日の5月22・23・24日2泊3日。(阿蘇仙酔郷・ミヤマキリシマ)~(くじゅう花公園)~(久住高原・満天望温泉)オジサン一行にはそぐわぬオバサマ対象の花巡りツアーでおました。
 行きは17時出航12時間かけて明け方4時起床・朝食をすませたころ新門司港に入港。5時30分バスの人となる朝早い年寄りとは云え、かなりハードでおます。・・・それから福岡=佐賀=熊本=大分=新門司へ九州の上半分を14時間30分ひた走ったのである。


乗客大半がシニアそろそろハルンケアご愛用のお年頃トイレタイムは頻繁!当然スケジールは押し、休憩ごとにオバサマ方フェリー過積載になりはせぬかと思うほど土産を買い集め時間超過に輪をかける。帰船20時!ミニ弾丸ツアーでありました。
・・・ちなみに今回の目玉ミヤマキリシマは、阿蘇のガス噴出で開花なく「つつじまつり」ののぼりも、しょんぼり萎れておりました。チャンチャンでおます。しかし、この季節の高原の新緑は絶好!このツアー来年は、新造船も就航。添乗員・バスガイドつき(食事シニア割引あり)いかがでしょうか。



閑有スケッチ 




閑有 





閑有 



スポンサーサイト