半畳雑木林


●芽出しトップバッターは想定外の「くるみ」

 道ばたや公園で拾った木の実、タネを蒔いて発芽、生長を愉しむ貧乏趣味「半畳雑木林」も今年で三年目です。発芽一番乗りは何の木か、楽しみにしていたところ、意外にも「くるみ」でした。


あんなに硬い殻が湿った土に埋めただけで、パカッと割れて芽を出すなんて想像しにくいので、たぶん発芽はしないだろうと思っていたのに、写真のように五割以上の率で芽を出しました。くるみはエライ(笑)。


くるみ




なんとか育ちそうな「ユーカリ」

 昨年の9月、イレギュラー的にタネを蒔いたら半月ほどで芽を出しました。しかし、冬は葉のみ成長して茎が太らず、ヘナヘナの虚弱児みたいで倒れそうになり、割り箸とヒモで「介護」したら、上向きに伸び始めました。このまま大きくなりそうな気がします。

ユーカリ 



スポンサーサイト